オーチャードホールの座席数は?s席a席ならどちらが見やすい?一階二階など見え方の比較解説します

チケット購入の際に困る座席からの実際のステージの見え方。オーチャードホールの特徴など捉えながら「目的別」「子供同伴や身体的な条件」など詳しく解説します。個人的な意見で偏りがあるかとは思いますが、幾度となく脚を運んだこの劇場。少しでもご参考になれば幸いです。





オーチャードホールの座席数は?他の劇場との比較

オーチャードホールといえばレジェンド的イベントをどんどん実らせる、まさにオーチャード「果樹園」。イベントの種類はクラシックコンサートからボブディランやジェインバーキンら(列挙したらキリがない~)輝かしいポップ音楽コンサートや演劇、バレエの公演など演目はさまざま。東急パワー凄し。

さてオーチャードホールのキャパですが、オフィシャルな収容数は2、150名。

これは例えば他のホールと比較すると、、、

音楽ホールで有名どころの サントリーホール=2006名

クラシックバレエなんかで一番に思いつく 東京文化会館=2317名

タレント性の高い 赤坂ACTシアター=1324名

ミュージカルで見やすい劇場といえば 四季劇場(春)=1255名

宝塚など老舗の 帝劇=1897名

羅列してみると分かりますが意外とキャパがありますよね。劇場に足を踏み入れると他の帝劇や東京文化会館なんかと比べると「小さい?」と感じる傾向のあるオーチャードホール。客席の奥行にキャパの大きさの理由がありそうですが、そこがこの劇場を扱いにくくしているところでもあるんでしょうね。

ちなみにどのホールでもよくあることですが、オーチャードホールではその構造上、催し物によって「潰す」席が多く出るのでも有名。オフィシャルでは2150名ですが、実際の座席数は毎回の催しで若干変わってきます。



まずは座席表を見てみましょう

座席表はBunkamura公式サイト見ることができます。こちらの座席表ではおおまかな席からのステージの見え方がシュミレートできるようになっていて大変便利。ただ覚えておきたいのは、シュミレーションはあくまでお客が入っていない状態での見え方、ということです。オーチャードホールでは座席の配列やその他劇場の構造上の特徴からお客が入っている時と入っていない時はとても違ってくます。次から解説しますね。

最近のコメント
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です