バレエアニメ「フェリシーと夢のトウシューズ」の英語版の声優陣が凄い!

「リトル・ダンサー」のアニメ版?フランス版?とも言えそうなバレリーナを夢見る少女のキュートでキャッチーなアニメーション映画がこの冬フランスで公開☆日本での公開は未定らしいけれど・・・これは見てみたい!(この記事は去年の冬前の記事を再編集したもの。この映画は「フェリシーと夢のトウシューズ」という邦題で日本でも8月に公開されましたよね!)

ところでこの映画、元々の声のキャストは凄い豪華!そこにはあの天才少女も入ってたってご存知ですか?




オフィシャルトレーラー(英語)

ちなみに・・・日本語字幕を出すことができますよ~

設定方法は

映像画面の右下アイコン左から2つ目の「設定」をクリック。「字幕」をクリックし「自動翻訳」で日本語を選択。

なんだか変な日本語になるけど・・・なんとなく感じは掴めるかも!?

あらすじ

「夢をあきらめないで!」

1879年パリ。ベルエポックの最盛期、パリオペラ座周辺がこの映画の舞台。

ダンスが大好きな女の子フェリシーは孤児。親友のヴィクターの助けもあって孤児院から脱出!憧れのパリへの大冒険へ。そこには出会いやチャレンジが彼女を待っていた・・・

映画「バレリーナ」はおかしくも、心あたたまるストーリー。19世紀のパリの様子が目を見張る映像美で繰り広げられます。

L’Atelier Animationより



豪華な声のキャスト!

天才子役のエル・ファニングが主役の声を、「アメイジング・スパイダーマン2」のデイン・デハーツが親友ヴィクターを、カナダのシンガーソングライター、カーリー・レイ・ジェプセンがオデットを担当。

そしてなんと~とうとう声優デビュー!Sia(シーア)のシャンデリアPVでYOUTUBE等で爆発的な視聴回数をヒットした天才ダンス少女マディー・ジーグラーがライバルのカミーユ役で登場。





天才ダンス少女、マディー・ジーグラーのおさらい!

小さい頃からダンスコンテストなどで受賞はしていたものの、特に表舞台に立つことはなかったマディー・ジーグラー。

11歳の時Sia(シーア)のシャンデリアPVで子供とは思えないダンスを全身で表現。爆発的なヒット。その後の動画も合わせるとマディーのYOUTUBE視聴回数は28億回というからその凄さは数字でも明らか。

シャンデリア後も着々とスターの座へとキャリアを積んでいるマディー。女優さんとしてもテレビドラマに出演する他、ダンスブランドのカペジオやラルフローレンの広告塔で登場したのも話題になりましたね。

ライターやタレントコンテストの審査員としても活躍しその天才ぶりは留まるところなし!シャンデリアの振付をしたRyan Heffingtonは彼女のことを「ぶっちぎりで頭の切れる子・・・!」と評していたけど、きっとその辺りも踊りにも出てるし、他のキャリアにも出てるんでしょうね。これからの活躍もすっごく楽しみですね!

シャンデリア。お酒に溺れないと生きていけない、そんな歌詞にマディーのこの踊り。もう驚愕レベルにすっごい仕上がり。振付も・・・即興ではなくて実はちゃんと振付られているという・・・素晴らしすぎるよね

インスタなどのSNSでも凄腕のマディー

miss u mills 💘

A photo posted by Maddie Ziegler (@maddieziegler) on

SNS投稿でもインスタグラム800万フォロワーなど叩き出してる凄腕。セレブリティー達とのショットも多数あるけど、天才少女の普通な日常も垣間見れてかわいい☆


フランスとかイギリスのウェブマガジンなんかを読んでいるとちょくちょく話題で上がってる映画「バレリーナ」。フランスではちょうどクリスマスシーズンに公開だし、子供達に「夢をあきらめないで!」「夢はおっきく!」ってテーマをプレゼント、なんだろうな♪楽しみです。

最近のコメント
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です