バレエ(ダンス)のオーディション写真を撮る前に読んでおきましょう!

バレエやダンスのオーディション写真の準備で困っている方に、今日は本場ニューヨークより撮影のヒントが書かれた記事をご紹介します。

原文記事の執筆は、ダンサー達が切磋琢磨するダンスのメッカ、ニューヨークでダンサー達の撮影に特化したフォトグラファー、レイチェル・ネヴィルさんです。元ダンサーの彼女が創り出すダンサー達の写真カットは素晴らしく、日本ではまだあまり注目されていないオーディション写真の重要性を細かく教えてくれています。

ぜひ記事をご参考になさってください。オーディションでよい結果が出ますように!



「最高のオーディション写真のヒント」

By  レイチェル・ネヴィルより。この記事は左記ウェブサイトよりダンスの中心都市ニューヨークの最新事情を翻訳してお届けします。 著者であるレイチェルからは翻訳の許可済みです)

audition-shots-dance-rachel-neville

オーディションシーズンを数か月先に控え(この記事は11月に書かれています。通常ニューヨークでのオーディションシーズンは年明けからですね)私の事務所にはダンサーから顔写真や全身写真の予約の電話が絶えません。ここでよくある疑問が過ります「どんなウェアーを着たら最高の自分を見せられるだろう?」もしくは女性にとって真剣に考えたいポイントとして「極力細く見せたいけれど、どんなレオタードや衣装がいいだろう?」

私のバックグラウンドとしてはあまり知られていないと思うのですが、私がまだダンスを習っていた生徒の頃、私の母親はダンスウェアーを扱うショップの運営を始めました。つまり、それぞれ違った体のタイプのダンサー達に喜ばれるウェアーがどんなものであるか、人とは違った視点を持てたわけです。これはすごくラッキーなことだと思っています。今年オーディションに挑戦するダンサー達の助けになりたいとこの題材でブログ投稿しようと考えついた時、オーディション写真の撮影で成功するために知っておくといいヒントも一緒に書いておこうと思いつきました。



最近のコメント
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です